クレジットカードの支払いを忘れたら

クレジットカードの支払いを忘れたら

誰もが持っているクレジットカード、もし、クレジットカードの支払いを忘れてしまったらどうしたら良いのでしょうか?

クレジットカード支払いを忘れた場合

まずは、引き落としで利用している銀行の口座残高を確認します。その時に通帳記帳か、ネットバンキングで引き落とし状況を確認します。銀行口座の確認は、口座残高だけではなく、利用明細を確認することで重複した支払いを避けることが重要になります。その次に、利用しているクレジットカードの裏面に記載しているカードデスクに直接電話をかけます。電話で担当者に伝える内容は、今日の引き落としに間に合わなかったことと、今日中に銀行振り込みで支払いをしたいことを伝えます。そうすると、担当者から振込先の口座を案内してもらえるので、振込先の口座情報をメモします。その後、指定の口座に振り込みを行い、カード会社にも連絡をします。カードデスクに連絡をして、振込先の口座を教えてもらったら、今日引き落としになるはずだった利用代金を指定の口座に振り込みます。振り込みを行ったら、再度カードデスクに電話をかけて、振り込みを行ったことを担当者に伝えます。その際に、振り込んだ証拠が必要になる場合もあるので、振り込みを行った際の明細書は必ず、手元に保管しておきましょう。

支払わないと、どうなるの?

もし、支払いをせず放置して銀行口座の残高不足などで支払いができなかった場合には、延滞として個人信用情報機関に、登録されることとなります。個人信用情報機関に利用状況に関する情報が記録されると、今後5年以上も延滞の記録が残ることになり、それ以降のカード審査に大きな影響が出る場合があるのです。そして今後、どのカード会社に申し込みをしても審査に通らなくなるのです。クレジットカードが使えなかったり、ローンが組めなくなる状態は、今後の生活に大きな影響が出ることになるので、毎月の支払いだけは、遅れずに行うことが重要です。

すぐにお金を用意する方法とは?

万が一、お金を用意することができなければ、今後クレジットカードが使えなくなる可能性もあるわけですから、すぐにでもお金を用意して、カード会社に振り込みを行うことが重要になってきます。そのためにお金を借りる、という選択肢も出てきます。キャッシングを利用すると、信用情報を傷つけることにならないか、心配する人もいるかもしれませんが、キャッシングやカードローンサービスを利用するだけなら、信用情報には傷は全く付きません。キャッシングサービスには、30日無利息のサービスをつけているところもあるのでそのようなサービスを利用すれば良いかもしれません。そして借りたお金をクレジットカードの口座振替用の口座に入れて、給料が入ったなら、消費者金融に返済(利息は0)することができます。このようにすることによって、金利をかけることもなく、信用情報に傷をつけることもなく、クレジットカードの支払いを完了することができるのです。

まとめ

クレジットカード料金の支払い忘れの対処方法はありますが、信用情報に関わる事ですので、毎月の支払いは絶対に遅れないようにしましょう。

案件紹介

コラム記事