信用情報機関の役割とは

信用情報機関の役割とは

延滞状態が3ヶ月以上続くなら、ついにその情報は個人信用情報センター(信用情報機関)に「事故情報」として登録されてしまいます。そして、ここに登録された事故情報は、記録として5年間も残ってしまうのです。つまり、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。そのような事態は避けたいものです。そもそも、信用情報機関にはどのような役割があるのでしょうか。

信用情報機関の役割

信用情報機関の役割は、個人の信用情報、例えば、本人の属性、クレジットカードやキャッシングの契約情報、借入や返済の取引情報などの収集と管理にあります。月ごとの返済状況のみならず、延滞情報や債務整理の情報も管理しています。また、照会があった加盟会員である信販会社、貸金業者やクレカ会社に、登録されている情報の提供も行っています。信用情報機関に登録されるのは、ブラックリストに載った人だけではなく、クレジットカードやカードローン、その他商品のローン購入などの申込みをした段階で、カード会社などからそれらの情報が信用情報機関に情報が送られて、登録されてゆきます。そして、その際に、既に登録されている申込者の情報の提供を受け、審査を実施して、結果も出しているのです。

信用情報機関への登録

信用情報機関に登録されたくないと思っても、登録を拒否することはできません。なぜなら、キャッシングやカードの利用規約には、加盟する信用情報機関および当該信用情報機関と提携する信用情報機関に提供し利用することを承認しますというような文言が記載されているのが一般的だからです。カードを利用するなら、必ず登録されると考える必要があります。

それぞれの信用情報機関でブラック情報は共有されます!

詳しくは別の記事で紹介されていますが、日本には3つの信用情報機関が存在しています。それぞれの業界によって加盟する機関が分かれており、どこか1つに加盟している会社や、複数の機関に加盟している会社があります。これら3つの機関は、通常別々に情報を管理したり収集したりしているのですが、ブラックリストについては、相互に利用できる仕組みになっているのです。このネットワークのことをCRIN(クリン)と呼んでいます。このCRINがあるがゆえに、どれか1つの信用情報機関で事故情報がつけば、もれなく3つの信用情報機関がブラックと判断できるようになっているのです。

まとめ

一度ブラックリストに載ってしまうと大変です。それで、キャッシングの請求額に対する支払いが遅れそうになりそうだと気づいたら、早めの対処が必要となるでしょう。一つの方法として、ローンを申込んで、お金を立て替えてもらい、支払うという方法があります。

案件紹介

コラム記事