クレジットカードの支払いは、お金を借りてでも支払う

クレジットカードの支払いは、お金を借りてでも支払う

身近なクレジットカードですが、意外と知られていない情報などをわかりやすくご紹介します。

クレジットカード支払えなかったら?

クレジットカードの支払いは使ったなら、その翌月くらいには請求が来ますが、もし引き落としのタイミングで口座にお金がなかったら、どんな罰則が待っているでしょうか?クレジットカードを引き落とす際に口座にお金がない場合、対応はカード会社によって違ってきます。優しい会社は、口座にお金が入っていなかった場合、振替用紙を郵送してくれたり、数日後に再振替の手続きをしてくれたりします。再振込のチャンスがあったのなら、その時点で支払うならまだ大丈夫ですが、多くのカードの場合、指定の日に口座にお金が入っていなかった場合、振替ができずに、サポートセンターから連絡が来た時点で、信用情報に傷が付きます。クレジットカード会社や、キャッシング会社は顧客情報を共有化しています。CICなどの外部組織に未払いなどのデータを渡し、審査の際にはそのデータを引き出して参照します。そうなると将来的に、新しいクレジットカードを作りにくくなったりします。また、いざという時にキャッシングや、カードローンも利用できなくなります。

クレジットカードの支払いは、お金を借りてでも支払う?

クレジットカードは、指定の期日にお金を支払う(引き落とす)という約束事の元にその仕組みが成り立っています。クレジットカードは支払いが完了するまではお金を借りている、または立て替えてもらっている状態です。信用情報に傷が付く大きなダメージもありますし、支払いは必ず期日に行うようにしたほうが良いです。そのためにお金を借りる、という選択肢も出てきます。キャッシングを利用すると、信用情報を傷つけることにならないか、心配する人もいるかもしれませんが、キャッシングやカードローンサービスを利用するだけなら、信用情報には傷は全く付きません。クレジットカードもキャッシングサービスも仕組みは同じだからです。

支払いにキャシングサービスを利用する。

例えば、今月のクレジットカード代金が期日に支払えそうもない場合、給料の前借りを頼めるのであれば頼むか、消費者金融のキャッシング、カードローンサービスに申し込みます。給料の前借りは現実的ではないとしても、キャッシングサービスには、30日無利息のサービスをつけているところもあるのでそのようなサービスを利用すれば良いかもしれません。そして借りたお金をクレジットカードの口座振替用の口座に入れて、給料が入ったなら、消費者金融に返済(利息は0)することができます。このようにすることによって、金利をかけることもなく、信用情報に傷をつけることもなく、クレジットカードの支払いを完了することができるのです。

まとめ

支払いが遅れることに慣れてしまっている人に対する対応はどんどんきついものになっていきます。クレジットカードの支払いが遅れることを避けるために、大手のキャッシング・カードローンサービスを、上手く活用できるかもしれません。


案件紹介

コラム記事