クレジットカードを使いすぎたらどうなるの

クレジットカードを使いすぎたらどうなるの

近年では、クレジットカード利用がかなり進んできていて、その利用層は、20歳代はもちろんのこと、40歳代や50歳代の中高年の方まで幅広い年代層になってきています。そんな身近になっているクレジットカードの注意点を理解しましょう。

クレジットカードを使いすぎたら?

人気の秘密は、現金がなくても欲しい物がいつでも購入できることや、クレジットカードを利用できるショップが増え、ほとんどの商品を購入できるようになったことです。しかし、クレジットカードを使いすぎてしまった結果、クレジットカード利用料金の支払期日に、口座に支払う分のお金が入っていない、ということも多いようです。クレジットカードを使いすぎてしまったら、どうしたら良いのでしょうか?もし、クレジットカードの支払い方法を一括にしているのであれば、その一括で支払う金額を分割にしたり、リボ払いに変更したりすることができます。

クレジットカード会社に連絡をする

ただし、支払期日ギリギリで支払い方法を変更することは非常に難しいですが、クレジットカード会社に電話をして、必ず支払う熱意を伝えれば、分割払いやリボ払いに変更してくれる可能性があります。もし、返済方法を変更できなかった場合でも、いつまでに返済するということを伝えることによって、カードの利用停止処分を受ける可能性も低くなるので、返済期日に間に合わなそうな時は、クレジットカード会社に連絡をいれることが重要となります。クレジットカード会社によっては、支払期日の数日前までならインターネットから簡単に分割払いに変更できるところもありますので、インターネットでクレジットカードのメンバーページに飛んで、分割払いに変更できるのかも確認してみると良いかもしれません。

使いすぎた時の対処方法

もし、分割やリボ払いもできず、利用停止処分にもなりそうな場合、銀行や、消費者金融のカードローンを使って支払うという方法もあります。カードローンによっては、申込をしたその日にお金を借りれるところもあるので、返済期日ギリギリでも対応できることもあります。ただし、カードローンでお金を借りたとしても、借入多分に金利が加算されます。しかし、これには例外があり消費者金融のアコムやプロミス、銀行カードローンのレイク等は、最短即日融資が可能な上に、一定期間無利息でお金を借りることができるのです。無利息でお金を借りてクレジットカードの支払い分を払い、無利息のうちにカードローンで借りたお金も返済してしまえば、クレジットカードやカードローンの遅延損害金や金利手数料を支払うこともありませんし、クレジットカードの利用停止処分を受ける心配もないので、無利息のカードローンを活用することも良いかもしれません。

まとめ

クレジットカードは非常に便利ですが、慎重に取り扱わないと信用情報に傷がついたりしてしまいます。ですので利用、管理はしっかり行いましょう。

案件紹介

コラム記事