プロミスとクレジットカードの大きな違いとは

プロミスとクレジットカードの大きな違いとは

キャッシングの申込みが初めての人には、申込前の不安がいくつかあると思います。しかし、クレジットカードと、プロミスのようなキャッシングカードとはどのような違いがあるのでしょうか?

プロミスとクレジットカードの大きな違いとは?

プロミスのようなキャッシングサービスと、クレジットカードの大きな違いは、クレジットカードが商品購入代金の立て替え払いの機能であるのに対して、プロミスは、お金を貸すサービスを提供している点が違います。お金を借りて商品や、サービスの購入をすることもできますが、用途を限定せずに現金で貸してくれるのが、プロミスなのです。プロミスのようなキャッシングサービスがあることによって、クレジットカード払いに対応していないサービスや商品の購入が可能になったり、返済のための借入れという使い方もできるのです。ですから、クレジットカードよりも、お金の使い道について、より自由度が高いのがプロミスのキャッシングになるのです。

クレジットカードとプロミスの金利の違いとは?

プロミスのキャッシングと、クレジットカードの金利は、大きくは異なりません。クレジットカードの金利は、年14%前後に設定されていることがありますが、プロミスの金利は、最高でも年17.8%となっています。お金の使い道が限定されないため、若干プロミスの金利が高めに設定されていますが、金額で計算すると、違いはわずかです。1万円の融資を受けたときの年14%と年17.8%の金利での利息の違いは、1日あたり約1円なのです。つまり、1か月の借入れをしたとしても、支払うことになる利息の違いは、30円ほどということになります。

キャッシングの金利

キャッシングの金利は高い、という先入観がある人もいますが、高いとしてもクレジットカードの金利程度、と考えることができます。クレジットカードにキャッシング機能を付けることもできますが、安全面で考えるならば、プロミスを選ぶかもしれません。なぜなら、クレジットカードのキャッシングの審査を受け、ショッピングの機能まで制限を受けてしまうこともあるからです。>プロミスなら、銀行振り込みによる来店をしない場合ならとなっているようです。緊急で現金が必要になった場合でも、週明けの銀行営業日を待つことなく、スムーズに借りられるのはプロミスの利点と考えることができます。

まとめ

このように、最短1時間で借入できる特徴があり、払わないといけない請求がある人や、普段からクレジットカードの支払いに悩んでる人は、プロミスを検討してみるのも良いかもしれません。

案件紹介

コラム記事